2018.05.31 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2007.05.25 Friday

    トルコ物産

    0
      以前 ご紹介した Rose Jam は、バラの香りの蜂蜜・・・って感じでした。結構 甘い! バラの香りが強いので、ヨーグルトやバニラアイスと一緒に頂くと、とても美味しい〜! スコーンにも合いそうです。そしてそして、このお塩 トルコには塩湖があります。その湖から取れるお塩なんですよ。粒が大きいので、少しすりつぶして、天ぷらに添えてみました。とても美味しいお塩です。お塩も取れる場所によって、お味が違うんですよね〜 ドライのアップル・チャイもまだ残っています。ドライなので、香りがいいんじゃ〜ないかな・・・とても楽しみです。近々 開封! 今回は、オリーブオイルも大量に買ってきました。トルコ産オリーブオイルも、なかなか美味しいです〜 トロイの木馬缶が、かわいいでしょう。帰国後もトルコを楽しんでいます。
      2007.05.08 Tuesday

      Canakkale(チャナッカレ)

      0
        チャナッカレは、ヨーロッパとアジアを隔てるダーダネルス海峡の中心都市ですお昼ご飯は、海辺のホテル内のレストランで頂きました。ホテルのすぐ横は海 お天気もよくて、水面がキラキラ輝いてました。トルコのリゾート地なのかなぁ とても気持ちいい〜ところでした。ギョクチェ島やボズジャ島にも渡れるようで、観光客も多い街なんだそうです。

        私も時間があれば、行ってみたかった!(離島好きですから)トルコのリゾートも素朴でいいかも・・・さてさてトルコご飯 やっと魚料理が出てきました! もうマトンやチキンに飽きてたんです〜 トルコの方には申し訳ないけれど、トルコご飯はしばらくいいかな・・・日本食が食べたい!そう思っていたので、お魚は嬉しかったです〜 お魚のお名前はわからないけれど、淡泊な白身のお魚でした。あぁ〜 お醤

        油があったら、もっとよかったのになぁ〜 次回からの旅行には、お醤油も持参になりそうです。おかきや柿の種小梅ちゃん 抹茶キャンディーあんなに用意していた日本のお菓子は、この頃にはすべて食べちゃってました。もう〜 ただただ日本食が恋しいだけ・・・チャナッカレには、映画「トロイ」で使用された トロイの木馬が残っています。撮影の後 持って変えるのもたいへんだから、どうぞ!と、置いてちゃったんだそうこれが、映画の木馬 想像よりもうんと小さい・・・これじゃ〜何人も隠れられないよぉ〜と、思わずつぶやきました。映画ではすごっ〜く大きく見えたんだけれどね。でも、雰囲気はありますよね〜 とてもよくできています。ブラット・ピッ君も触れたのでしょうか・・・しっかり!木馬ちゃんと記念撮影 この木馬があまりによく出来ているので、トロイ遺跡の木馬が、よりちゃちく感じました。(どっちが本当なんだか・・・)この後、フェリーに乗って対岸へ移動。イスタンブールへ向かいました。こんなにいいお天気だったのに、途中 にわか雨・・・でも、その後には大きな虹が現れたんですよぉ〜 以前にも少し書きましたが、今年 初めての虹でした! トルコで虹に会えるなんて・・・いい思い出になりました。
        2007.05.02 Wednesday

        トロイ遺跡

        0
          トロヤ(トロイ トルコ語はトゥルワ)この地に集落ができ始めたのは、紀元前3000年頃 初期青銅器文明の時代から歴史は始まります。なんて古いんでしょう〜 紀元前2500〜2000年頃には、エーゲ海岸の交易の中心として栄えていました。その後、栄えては滅びるという歴史を繰り返したんだそうです。トロイは、全部で9層にわたる都市遺跡が残っています。残念ながら、

          滅びては、その上に町を造っていったので、何が何だかわからない状態なんです〜 第6市紀元前1800〜1300年頃 一時期繁栄を取り戻したが、やがて10年にもおよぶトロイ戦争で町は滅亡へ・・・映画「トロイ」の時代です。トロイの木馬伝説 復元された木馬が、遺跡の入口にありましたが、どうもおもちゃっぽくて・・・この坂道(上の写真)を木馬が上がっていったのでは?

          と言われています。トロイ戦争の後、イオニア人が植民し、マケドニア時代にはアレキサンダー大王、ローマ時代にはコンスタンティヌス帝が、この地を訪れたんだそうですよ。誰もが知る大物! ですよね〜遺跡といっても、ほとんど残っていないんです。第9市ローマ時代の劇場跡(真ん中の写真)何層にもなる遺跡は、現在も発掘調査が続いています。歴史を解き明かすお仕事って、夢があっていいですねぇ〜ちょっと憧れます。この辺りは、のどかな田舎町なんですよ。草原をひつじちゃんの群れが歩いてたり・・・(食べちゃうのかな〜)静かで人も少なくて、気持ちのいい〜ところなんです。はるか昔は、この遺跡の近くまで海だったそうですよ。

          トルコ旅行 観光は、すべて終わりました。
          長い長いバス移動・・・この後、船に乗ってイスタンブールへと向かいます。
          2007.05.01 Tuesday

          エフェソス遺跡 4

          0
            ハドリアヌス神殿 2世紀のローマ皇帝ハドリアヌスに捧げられた建物 正面のアーチの中央には女神ティケ、奥の門には両手を広げたメドゥーサが彫られています。その左右の小壁にはエフェソスの起源伝説が描かれ、神々やアマゾン、動物、皇帝テオドシウスなどの浮彫彫刻となっています。残念ながら、これもコピーで、オリジナルはセルチュクの考古博物館に展示されているそうです。あまりの美しさに、コピーでも見とれてしまいます。運命の女神ティケ 英語名フォーチューン。メドゥーサは、ご存じでしょうか? 海神ポセイドンと浮気をし、それを知ったポセイドンの奥様が嫉妬し、メドゥーサに呪いをかけたお話 蛇の頭髪、牙の生えた恐ろしい顔、下半身は蛇、上半身は人の姿・・・魔女メドゥーサです。彼女の目を見ると石

            に変わってしまう・・・という恐ろしいお話です。どこかで聞いた事あるでしょう〜 有名なギリシャ神話です。そして、勝利の女神ニケのレリーフ 素敵でしょう〜 闘いの際 勝利を約束された側に舞い降りてくる 翼を持った勝利の女神です。スポーツブランドNIKE の由来なんだそう〜 しっかり握った月桂樹の冠 私も隣に並んでしっかり! 月桂樹を握り記念撮影 勝利

            の予感・・・(何の勝利?)縁起がいいかな・・・って、嬉しい気分になったのでした。はい 単純です! エフォソスを歩いていると、こんな方もいらっしゃいました。どなたなんでしょう? お気の毒に頭部がありません。かなり身分の高い方なんだと思います。この街には、ヴァリウス浴場 2世紀に造られた床下暖房という古典的なローマ風呂も残っています。かつて聖火が灯されていた市民公会堂や収容人数1400人のオデオン(音楽堂)もあります。エフォソスは、時間が止まっています。ゆっくり散策していると、ギリシャ神話にとても興味を持ちました。じっくり読んでみようかなぁ〜って気になる・・・ギリシアにも行ってみたいなぁ〜ってね。世界史は好きだったけれど、実際 目で見てみると、より興味が湧いてきます。その時代の豊かさ美しさが、今でも感じられます。トルコにこんな素敵な遺跡が残っているなんて・・・知りませんでした。トルコを訪れた時には、絶対! 見逃さないで下さいね。

            トロイ遺跡へ移動します。この前 映画トロイ TV放送してましたね〜
            そうです あのトロイです。お楽しみに・・・
            2007.04.20 Friday

            Rose Jam

            0
              ローズ・ジャム 確かエフェソス辺りのドライブインで、購入したと思うんだけれど・・・すいませ〜ん 記憶が薄れています。この辺りはバラの産地で、フレグランスやオイルなど、バラを使ったいろんな商品が並んでいました。フレグランスは、とても優雅ないい香りでしたよぉ〜 バラって、気品がありますよね〜 とても上品なイメージ 大好きです!(私のイメージではないですが・・・)ジャムの瓶を覗くと、透明になった花びらが、ゆらゆら〜揺れているんですよ。どんなお味なのかしら・・・ 食いしん坊の私は、たいへん気になりすぅ〜 毎朝 食べているブルーベリーとあんずのジャムが、もう少しでなくなるんです。そう〜 まだか まだかと、待っていたんですよ。バラジャムの開封も近々・・・とても楽しみですぅ〜!
              2007.04.16 Monday

              エフェソス遺跡 3

              0
                丘の上の住宅 図書館からクレテス通りに入ると、右側に上流階級のお家が並んでいます。
                「エフェソスのビバリーヒルズ」って、とこでしょうか・・・素敵なお家です〜! お家の前には、モザイクタイルの装飾が・・・とても素敵! お家を保存する為、一部 建物に囲われている所もあります。別料金になりますが、お家の中を見学する事もできますよ。ここに住んでらっしゃった方って、どんな方だったのでし

                ょう〜 いつの時代もお金持ちは、小高い所から見下ろして暮らしていたんですね。憧れの住宅街だったんでしょうね〜 私も住んでみたかった・・・本当 このモザイク きれいに残ってる〜 じっ〜っと見つめてしまいます。いろんな色の石を使ってとても細かい作業ですよね。確か日本で行われた「ポンペイ遺跡展」で、こんなのを見たような気がします。三角ファサードが

                特徴のトラヤヌスの泉 102〜104年に建てられた、皇帝トラヤヌスに捧げられた泉で、ほとんど原形が残っていません。台座にはオリジナル部分が残っていますが、あとは修復したんだそうです。当時 正面にため池があり、そこに据えられたトラヤヌス皇帝像の足元から水が流れていたそうですよ。ここからは、ギリシアの神々のひとり アフロディーテ像も出てきたんだそうです。アフロディーテ ラテン名では、ご存じのヴィーナス! 天神ウラノスの男根を海に投げたら泡(アブロス)が立ち、その中から生まれたといわれている「愛と美の女神」です。エフェソスは、神秘な遺跡です。広くて見応え たぁ〜っぷり! ローマ時代にタイムスリップします。

                エフェソス遺跡は、まだまだ続きます〜

                祝! 今日で、ブログを初めて 1年がたちました。
                続くか? どうか? で、始めたブログが・・・早 1周年です!
                いつもたくさんの方々に見て頂いているようで、とても嬉しく思っています。
                これから旅行を考えてらっしゃる方の参考になれたら・・・
                お仕事で忙しい毎日を過ごされている方のリフレッシュになれたら・・・
                そして、何より 遠方で、なかなか会うことのできないお友達に、今の私の暮らしを伝えられる事が、とても楽しく 嬉しく思っています。便利な世の中になりましたよねぇ〜
                これからも、楽しく続けていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。
                2007.04.13 Friday

                エフェソス遺跡 2

                0
                  さて、これは何でしょう?(ちょっとわかりにくいお写真で、
                  すいませ〜ん)実は、古代の売春宿の広告なんですよ。敷石に
                  刻まれた広告なんです〜 右側に、うっすら女性像が見えると
                  思いますが、「女の子が待っている」その下が「お金を持って
                  おいで」左上のハートが「心を込めてサービス」(旦那さまの
                  赤いスニーカーの上あたり)その下の足が「左側にある」とい
                  う意味だそうです。この足よりも小さい人は、売春宿は利用で
                  きません!との意味もあるんだとか・・・いろんな説が飛び交
                  っているんだそうです〜 さてさて、どうなのかな〜? ここ
                  で、旦那さまのように、足を置いて確認していたのか? 定か
                  ではありませんが、なんともオープンと言いますか・・・それ
                  が事実なら、恥ずかしくなかったのでしょうかね〜 この広告
                  は、マーブル通りっていう大通りにあるんですよ。通行人に見
                  られ「あそこのご主人 行ってらしたわよ」なんて、ご近所で

                  も噂になりそう〜 あははは みっともなぁ〜い! その娼宿
                  ですが、絶好のロケーションに残っています。 2階建ての中庭
                  式建物がトラヤヌス帝の時代に建てられたらしいのですが、現
                  在は 2階部分は残っていません。そして、おばさん(私)が座
                  っている所は・・・何でしょうか? ポコポコ 穴があいてい
                  るでしょう そう〜これは、古代の公衆トイレなんですよぉ〜 
                  ローマ時代 ほとんどの都市は、下水設備を持っていたんだそ
                  うです。すごいですよね〜「現代建築技術の基礎は、ローマ時
                  代に出尽くした」と、いわれるくらいなんだそうですよ。穴か
                  ら下を覗けば、ちゃんと溝が通ってて、当時は水が流れていた
                  んだそうです。トイレの中央には池があり、みなさん ここに
                  並んで座っておしゃべりをしながら、用をたしていたそうです。
                  ひゃぁ〜!恥ずかしいですよね〜 そこまでオープンですかぁ〜
                  ローマ人は、心が広かったのかなぁ・・・

                  エーゲ海最大規模の古代ローマ・エフェソス遺跡は、まだまだ続きます〜

                  今日は、13日の金曜日ですよね
                  キリストが十字架にかけられたのが、13日金曜日だったという説から、
                  不吉な日になったそうですが・・・
                  でも、本当はどうか? わからないんだそうですよ・・・
                  2007.04.09 Monday

                  エフェソス遺跡 1

                  0
                    地中海を歩けば、必ず古代ローマの都市遺跡と出会う・・・
                    と、言われるほど 古代ローマ帝国の広大なこと! トルコ
                    にもローマ遺跡が、たくさん残っています。エフェソス遺跡
                    もそのひとつ 木の文化をもつ日本と違って、ローマを中心
                    とした地中海世界は、石を基調とした文化であったため、保
                    存状態が非常によいのです。遺跡を見学してみると、当時の
                    建築水準の高さをすごく感じます〜 もちろん大理石なんで
                    よ・・・今は、雨風にさらされているので、その美しさを感
                    じる事ができませんが、当時はピカピカだったんでしょう。
                    磨けば光るのかなぁ〜 写真の通りは、メインストリートの
                    クレテス通りです。両脇には、立派な彫刻の柱が並んでいま
                    す。クレテス通りを下がると、突き当たりにはケルスス図書

                    館があります。(右の写真)木造部分は焼失した
                    り、地震による被害も受けて、今世紀初頭に発見
                    された時には相当破壊されていたそうなんですが、
                    1970年代に修復されたそうです。正面には、知恵
                    ・運命・学問・美徳の 4つの意味をそれぞれ象徴
                    する女性像があります。残念ながら、オリジナル
                    はウィーンの博物館にあり、これはコピーなんだ
                    そう〜 でも、とてもコピーとは思えない・・・
                    立派な彫刻なんですよ〜 聞かないと、気がつか

                    ない方も多いと思います。ここには 1万2000巻の書物が所蔵
                    されていたと言われています。美しい図書館です〜 大劇場も
                    すごいのですよぉ〜! 大きすぎて、お写真には収まらないの
                    ですが・・・ ヘレニズム時代に創設されたもので、ローマ時
                    代になって各部分が拡張され、2万4000人を収容できたという
                    大観客席! 直径154m、高さ38mの半円形。4世紀頃には剣
                    士対猛獣の闘いが行われ、客席とオーケストラ席を仕切る手す
                    りが、危険防止のための壁に変えられたそうです。命がけのシ
                    ョー 恐ろしい〜! まさにグラディエーターですよね。(ま
                    た、映画を思い出しましたぁ〜)2頭立て馬車・4頭立て馬車に
                    よる戦車競争なども行われたんだとか・・・その他、演劇や詩
                    の朗読会など、ファンクラブをもつような人気俳優もいたそう
                    ですよ。現在もコンサート等に仕様されているそうです。

                    エフェソス遺跡は、まだ続きます〜
                    2007.04.03 Tuesday

                    Artemis(アルテミス)

                    0
                      トルコ地中海側には、ローマ時代の遺跡がたくさ
                      ん残っています。このアルテミス遺跡 どうやら
                      神殿があったようなんですが・・・ 今はバラバ
                      ラ状態で、かろうじて柱が 1本残っているだけな
                      んです。石を積み上げた柱なんですが、かなり高
                      い柱です。辺りには、石がゴロゴロ・・・神殿は、
                      無惨な姿になっていました。そのゆいつ残ってい
                      る柱のてっぺんには、なんと!鳥の巣が・・・な
                      んて所に作っちゃうんでしょう〜 毎日 観光客

                      の注目を浴びながら、暮らしているのでしょうか・・・神殿
                      の柱が、お家なんて贅沢! でも、辺りに何もないから、危
                      なくないのかしら? 少し心配になっちゃいました。くれぐ
                      れもお気をつけて・・・この柱 1本から、想像するのは難し
                      いのですが、きっと立派な神殿だったんでしょう。ギリシア
                      神話に出てくるような神殿だったようです。私 ギリシアに
                      は、まだ訪れた事がありませんが、神秘的な魅力があります
                      よね〜 この後 訪れるエフェソス遺跡が、それはそれは、
                      すごいんですよぉ〜! もう〜もう〜 びっくり! 感動!
                      して・・・ 鳥肌がたっちゃいました。後日 ゆっくり〜 
                      じっくり〜 ご紹介させて頂きたいと思っていますので、ど
                      うぞお楽しみに・・・ トルコも地中海側になると、かなり
                      暖かくなります。
                      2007.04.02 Monday

                      Pamukkale(パムッカレ)

                      0
                        コンヤから、またもやバス移動です〜 本当 バ
                        スばかり乗ってる感じです。去年のスペインより
                        も移動がハードかも・・・パムッカレは、トルコ
                        語で「綿の城」という意味です。珍しい石灰棚は、
                        世界遺産に登録されています。石灰棚 とてもき
                        れいでしたよぉ〜 丘全体が真っ白! 不思議な
                        世界が広がります〜 台地上部から流れ出る石灰
                        成分を含む湯が、長い時間を経て結晶し石灰棚が
                        出来上がったんだそうです。ところどころに温泉

                        がたまった池があります。夏には観光客が、水着
                        姿で泳いだり、湯に浸かったり・・・ 私達が、
                        訪れた朝も暖かい温泉が出ていました。もちろん
                        靴下を脱いで、足湯体験! サイコー〜! 気持
                        ちいいです〜 移動の疲れも吹っ飛びそうでした。
                        白とブルーの美しいコントラストを眺めながら、
                        裸足で石灰棚をお散歩・・・ 温泉なので、少々
                        にゅるにゅる します〜 滑らないように必死で
                        した。最近は、開発ラッシュの為か? 温泉がか

                        れつつあるんだそうですよ。えぇぇぇ〜!
                        幻想的な素敵な所なのにぃ〜 なんとか大
                        切にして頂きたいです。石灰棚を望む丘の
                        上には、ペルガモン王国やローマ時代の遺
                        跡が広がっています。遠くに円形劇場が見
                        えました。紀元前 2世紀に造られたローマ
                        劇場です。パムッカレ温泉では、温泉プー
                        ルの底に本物のローマ時代の遺跡がゴロゴ
                        ロしているんだそうですよ。古代遺跡に腰掛けて温泉に浸かる・・・なんて贅沢なんでしょう〜 入ってみたかったな・・・(冬で残念でした)

                        黄砂が、すごいですね〜 視界が、どんよりしています。
                        これって、体によくないそうですね。吸いたくないけれど・・・
                        花粉症と黄砂は、すっかり春の風物詩になってしまいましたね。
                        Calendar
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << July 2018 >>
                        PR
                        Selected Entries
                        Categories
                        Archives
                        Recent Comment
                        Recent Trackback
                        Recommend
                        G I R L
                        G I R L (JUGEMレビュー »)
                        Pharrell Williams
                        Recommend
                        Recommend
                        1989~デラックス・エディション(DVD付)
                        1989~デラックス・エディション(DVD付) (JUGEMレビュー »)
                        テイラー・スウィフト,マックス・マーティン,ライアン・テダー,イモージェン・ヒープ,ジャック・アントノフ,シェルバック,アリ・パヤミ
                        Recommend
                        アバター
                        アバター (JUGEMレビュー »)
                        ジェームズ・ホーナー,レオナ・ルイス
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM